会議室の使う目的

会議室という堅いイメージがあり、他の用途でその部屋を使おうということは浮ばない方もいるでしょう。
会議室は会議をするための部屋というイメージを覆すように、実は様々な用途があるのです。
会議室は、もちろん会議をすることができます。ホワイトボードを用いたり、議題があってそれについて話し合いをしたり
報告や連絡などをする場です。また、人を集めてセミナーや勉強会もできます。
講師の人を呼んで何か一つのことを勉強したり、知らせるための場を提供することもできますし
またサークル活動に使うこともできるのです。机や椅子をなくしてヨガなどをする会場に替えることもできますし
書や俳句に親しむなど文化的な会を開くこともできます。
講座を開いて定期的に何らかの会場として使うこともできるのです。
また、会社の説明会に使ったり、研修会をしたりすることもできます。
新入社員の教育の場であったり、自己啓発のための研修であったりと企業で借りればより多くの目的が広がることでしょう。
会議だけではなく、他の用途でも使える会議室は大変便利なのです。

渋谷にある貸し会議室〔http://abc-kaigishitsu.com/shibuya/〕は、用途に合わせて
会議室を選ぶことができます。人数に合わせて変えたり、イメージよって替えることもできますので
会議以外で使われるときにも選ぶことができるでしょう。
会議室はいろいろなことに使えますので、何らかの部屋が必要になったのであれば
貸し会議室を使えることも知っておきましょう。

貸し会議室でお別れ会

来月、退職する職員の方がおり、お別れパーティーをする事になりました。
私は、幹事をやる事になりました。

場所は色々と考えたのですが、今回は、会社の側にある貸し会議室で「お別れパーティー」http://abc-kaigishitsu.com/ueno/を開催する事にしました。

実は、こちらの貸し会議室、普段から会議をするのに利用しているのです。
こちらの会議室でケータリングもお願いできるそうなので、こちらにお願いしました。

料金は、食事代+ドリンク+チャージ料です。
お料理は、旬の野菜をふんだんに利用したイタリアン料理と、陽気な気分で盛り上がるラテン料理です。

退職する社員は、実はラテン料理が大好きなのです。
なので、今回は、ラテン料理を選びました。
ラテン料理の店が近くになかったので、このチラシを貸し会議室で見つけた時、「これだー」と思ったのです。
7品の料理がついて本格的なラテン料理が食べられて、一人2500円です。

今ならば、キャンペーン中でお得な料金でお別れ会も開催できます。

以前から、うちの会社がここを選ぶには理由がありました。
それは、期間限定でお得なキャンペーンがあるからです。
時には、部屋代が半額になったり、オプションが半額で借りれたりするのです。
サイトから、空き室の確認もできるので本当に便利なんですよ。

今後も、こちらの貸し会議室には、お世話になりそうです。

レンタルオフィスをフル活用

レンタルオフィスは、その呼び方の通りオフィスをレンタルするシステムです。
レンタルといっても、月々レンタル料を払いそこのスペースを借りるので、賃貸物件と似ています。
しかし、賃貸に比べて契約も難しくないですし、保証料などの金額も安かったりなかったりします。
そして、机や椅子などの備品類が備わっていることが多いですし、電話回線やインターネット回線が
すでにひきこまれていることが多いですから、初めに準備をするものがあまりないのです。
ですから、すぐにでも仕事を始めることができるのがレンタルオフィスの特徴なのです。

このレンタルオフィスをフル活用して、仕事をしますと大変便利です。
まず受付がある会社を利用しますと、受付業務を行ってくれます。費用がかかる場合もありますが
一人ないし少人数でオフィスを使うようにしていますと、留守のときもありますし
来客の案内をしてくれると大変助かるのです。また電話を受けてくれるサービスも
行っていますと対外的に印象がいいです。
そして、一緒に運営されていることが多い貸し会議室を使うことで余分なスペースを借りる必要がなく
打ち合わせなどもスムーズに行うことができるのです。
お客さんに来てもらったり、社内の中でも極秘な打ち合わせをする場合など
こうした別の部屋がすぐに準備できますと助かるのです。
こうしたサービスを上手に利用することで、一人や少人数で運営をしていても
困ることなく仕事を進めることができるのです。

開業100週年の東京駅で会議をしよう

昨年2014年12月に開業100周年を迎えた東京駅は、
先年、丸の内口側の駅舎の復元工事も完了し、赤レンガの
重厚な佇まいが、往年の帝都たる東京駅の風情と情緒を
蘇らせています。

駅舎修復やショッピングエリアの開発といった、
昨今話題の「東京駅」は、丸の内口エリアとして語られる事が
多いものですが、実際のオフィスエリアとしての東京駅は
八重洲口や日本橋口の方が印象が強いでしょう。

八重洲中央口から、日本橋、京橋といったオフィスの中心地へは
非常に至近で徒歩でも通いやすいので、企業がオフィスを構えるには
絶好の地です。

また、日本の大動脈たる鉄道の始発駅として、多くの路線が
乗り入れしている東京駅は、地方からの人も集まりやすいので
会議を開く場所としては絶好の土地と言えるでしょう。

こちらのhttp://abc-kaigishitsu.com/tokyo_yaesudori/
東京駅至近の貸し会議室になりますが、東京駅からも近く、
大きな通りに面しているので、土地勘があまりない人でも
わかりやすいでしょう。

地方から上京して会議に臨むような場合、東京駅ほどわかりやすい
立地の会議室もないと言えます。

東京駅そのものは巨大な駅ですが、出口などは比較的シンプルで
わかりやすく、また駅周囲も細々とした雑居ビルが乱立するような
土地でもないので、初めて貸し会議室に行く人でも道に迷ったり
することなく到着できるでしょう。

関内の貸会議室

オフィスは自社で構えているけれど、大人数が入ることができる会議室を持ち合わせていないから、別で借りなくてはいけないという会社もたくさんあるのではないでしょうか。 いつも使っている仕事場の空きスペースを無理に使うことで、会議をこなしている会社もあるのではないかと思います。

しかしそれでは、有意義な話し合いができないかもしれません。大人数がゆったりと入ることができて、無理なく会議に集中できる環境と言うのが、どうしても必要となってくるのではないでしょうか。 貸し会議室は日本全国で展開していますが、神奈川県、横浜市内でも多数所有件数があります。http://abc-kaigishitsu.com/kannai/でも紹介しているとおり、横浜市内での貸会議室の取り扱いも多数あります。たとえば、関内に位置している貸会議室も、素晴らしい環境となっています。 一例を紹介しますと、エントランスに大理石を使用している貸会議室も存在しています。

会議室も、大会議室の用意があるので、大人数での会議になった場合でも対応できる仕様となっていますし、少人数用の小会議室もありますから、場合に応じて選択できる形となっています。 少人数用の会議室の場合は、簡単な少人数での打ち合わせにも利用できるのではないかと思いますし、面接などにも適していると思います。個室になっているので、まわりにプライベートな話を聞かれてしまう心配もないので安心できるかと思います。

会社機能をアウトソーシング

企業では昨今、コスト意識の高まりから、社内で調達していた
労働力や設備などを社外に求めたり、アウトソーシングを
行ったりして、今まで掛かっていた費用を抑えるように
なっています。

例えば、社内で行っていた顧客電話対応を、外部のコールセンターに
外注して一括して業務を行って貰ったりするような事もあります。
このコールセンターのような業務は、専門的な架電業者の方が
ノウハウや対応方法も熟れているので、社内の人員を使って
業務を行うよりも効率がよく、費用的にも抑えられる仕組みに
なっています。

また、今まで自社内に持っていた会議室を無くして、または
その数を減らして、会議の場そのものを外に求めるという設備的な
アウトソーシング化も盛んになっています。

貸し会議室は一般的に、交通の便のよい立地にある事が多く、
遠方や多方面からの出席者も参加しやすく、また、会議室の
専門業者であることから、設備や機器も充実していますので
旧弊な形式の設備や機能を使って、無理に自社内の会議室を
使用するよりも機能的でであることも多いです。

他にも出張所やサブオフィス的に、レンタルオフィスを借りて
業務を行ったりすることも、起業の設備的アウトソーシングの
ひとつであると言えます。

都心などの一等地に立地するオフィスは、賃貸事務所であっても
家賃が非常に高額であり、坪当たりの賃貸料を支払う企業にとって
オフィスとしての使用面積はなるべく少なく、機能的にも
必要なものだけを絞ってコンパクトに収めたいものですが、
貸し会議室はそのような需要に適した施設だと言えます。

名刺に載せる住所が欲しい

名刺はその人の顔とも言います。
初めて会う人に、自分の身分と法人としての格を
示すための大切な物―それが名刺です。

特に起業したばかりの人にとって、名刺一枚といえども
事業を未来へつなげるための大切な用途を持っています。

通常、企業人としての名刺には、その会社の正式な
名称と住所、電話番号、ファクス、個人の所属、肩書、
氏名、Eメールのアドレスなどが記載されています。

名刺を受け取った人は、そこに記載された住所や
電話番号、メールのアドレスに対して連絡をして
来るわけですが、確りとしたオフィスを持たない場合、
住所や電話番号などを名刺に載せることは出来ません。

自宅をオフィスとして名刺に記載するという方法も
ありますが、出来るなら自宅以外のどこか信頼性の
高い場所にオフィスを構えて、そこの連絡先を
名刺に載せたいものです。

レンタルオフィスやバーチャルオフィスでは、その住所を
オフィスの本拠地として貸してくれますので、
名刺に自分のオフィス住所として載せることが出来ます。
また、電話番号を貸与してくれるサービスもありますので
併せて、自社電話としての記載ができます。

レンタルオフィスのサービスの中には、名刺のデザインを
してくれるサービスや会社のロゴマークを作ってくれる
サービスもあります。
その会社のイメージ作りも併せて、ロゴと名刺の
デザインを作ることができるサービスです。

会議の質

会議の質について、考えたことがありますか。各会社によって、会議の質と言うのは違うのではないかと思います。せっかく会議として時間を取っているのだか ら、全員にとって実りあるものにできたらよいと思います。 どういった会議が良いのでしょうか。

たとえば月に一度の月例会議。これがなかったらと考えたとき、どういったことが起こってきてしまうのでしょうか。会議 では、重要な連絡事項を話すことがあります。先月起きたことについて、今月からこのように対応することに決めました、などという連絡事項があったりしま す。その会議に出ることができないと、今後どうしたらいいかがわからなくなってしまいますから、会議の意義はあると言えるのではないでしょうか。 企業によっては、発言をする人が長々と話してしまい、話の終わりがあるのかないのかわからないまま、起承転結のストーリーもなく、ただだらだらと時間だけ とって話してしまうことがあります。これでは実りある会議とは言いづらいかもしれません。

一方、質の良い会議というのは、会議をする時間中、みんなが集中力をきらさずに、意欲的に取り組める者のことを言うのではないかと思います。一人が話すだ けではなくて、ひとりひとりに話を振って意見を出し合うなど、終始考えなくてはいけない、話を振られるかもしれないという状態で会議を進めていきます。そ のような会議を続けていくことで、会議と言うのは積極的に意見を出し合うものだという認識になっていくのではないでしょうか。

 

ハノンのレンタルオフィス

日本様々な場所にレンタルオフィスはあります。それらを利用するビジネスマンも増えています。
レンタルオフィスは、日本のみならず世界のあちらこちらにも存在し、世界のビジネスマンが利用し活躍しています。
今回は、ベトナムハノンにあるレンタルオフィスを紹介します。
ベトナムといえば、近年、多くの外国の方が企業を始めている場所でもあります。

ハノンで会社を設立する前に、まず駐在員事務所からスタートされるケースが大半です。
その駐在員事務所として活用される企業のオフィスとしてレンタルオフィスは選ばれます。
ハノンにある某レンタルオフィスでは、日本企業占有率が80パーセントで、多くの日本人に利用されています。
ほとんどの方が、日本人というのも驚きですね。

ハノンにレンタルオフィスのメリットは、
契約期間は1年でも可能であり、内装は完成されており、
オフィス家具も整えられているのでその日から使える為、初期費用もかからないです。
契約終了時には特に費用負担がありません。
などで、基本日本のレンタルオフィスと考えは同じです。

また、ハノンのレンタルオフィスも、オプションやサービスが充実しています。
企業ネームの作成と案内看板への登録やビジネスライセンス取得のための住所提供、郵便対応等があり、
契約内容によって変わります。

こちらからは、日本食レストランも近所にあるので、食事関して安心です。
もちろん、ベトナム料理も食べれます。

レンタルオフィスの長所

会社を起こす時に、仕事をする場所が必要になります。
オフィス探しもやりましょう。
ここ数年、起業者の皆さんは、賃貸オフィスよりレンタルオフィスを選ぶ傾向があるようです。
レンタルオフィスの長所をみていきましょう。

まず、長所で挙げられるのは、初期費用がかからない事ではないでしょうか。
賃貸でオフィスを借りる場合は、敷金や礼金が6カ月から12カ月かかるところが多く、
それに比べて、1~6カ月分なので、大幅に初期費用が節約できます。
先行きが見えない会社経営と感じる人は多いでしょう。
できれば、初期費用は減らしたいものです。

業務用スペースが充実しているのも良いでしょう。
共同での利用になりますが、応接室や会議室と利用ができます。
また、ラウンジがある所も多く、経営者同士の会話の場ともなるでしょう。
人脈を広げられるチャンスもあります。

立地の良さも魅力の一つです。
おそらく、賃貸オフィスでは契約できなそうな一等地に存在する事が多いです。
法人化されていれば、その一等地が本社として住所を構える事ができるのです。
経営者のモチベーションも上がるでしょう。

ビジネススタートに必要なものも揃っています。
イスやディスクはもちろん、コピー機等もあり、インターネット回線も整備されています。
賃貸オフィスだと、インターネット回線等も依頼し接続まで時間がかかります。
その点、レンタルオフィスだと、契約後即時に仕事が始められます。
必要最低限の家具屋備品もあるので、大変便利です。